概要

モデルの構造の複雑性を考慮し、その生産性を判断した上で、モデルの仮想的な価格を決定する評価手法の構築を目指すものです。「俺のモデルは歩留まり悪いけど高性能だぜHAHAHA」とかニヤニヤするためなどにご利用ください。

評価の指針

モデルに使われている素材のみならず、その構造の複雑性を評価することを目指します。単純なものほど安価に構築でき、複雑になるに従ってプレミアムが加算されるとすることが基本理念です。

具体的な考慮事由

現状ではモデルの複雑さを評価する具体的な基準は明らかではありません。ということで、以下に考慮事由の候補となるべきものを適当に列挙していきませう。いわゆる丸投げってやつですね。

考慮事由の名前内容コスト加算の方法備考
接合角度評価接合するChipのAngleが0の場合はコストLv0,90度単位の単純な曲げ角度の場合コストLv1、5度の倍数の場合コストLv2、整数である場合コストLv3、実数である場合コストLv4と判断します。部品の基礎価格 * K[コストLv]コストLvでなく連続に評価できる関数はないかね?
多重接合評価同じChipの同じ方向から複数の子Chipが伸びている場合には、それら子Chipの基礎価格に接続Chip数分のプレミアムを上乗せします。部品の基礎価格 * 係数 ^ 接続Chip数
素材の不均一性単一の素材を加工する方が歩留まりが良さそうなので、多様な素材を使用している場合にコストが高いと判断します。加工コストUP?これ計算どうするんだ?
加工評価Optionがかかっているとコスト増加 Weightの場合Optionに比例してコスト増加物によるArmには適用すべきかね?

計算式

上の方でアイディアがとりあえず出尽くしたら考えよう!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-16 (日) 21:52:13