企業

Designer In Sierra.png

社内広報

___
___

広報

当社はRevolution Design Bureauへ統合吸収され、RDBの傘下企業となりました。

企業概要

分野
軍事企業

企業説明

  • 以下は倒産前のプロパガンダ活動チラシより抜粋

    1912〜 (現1945年)。
    元々はピアノなどの下請け製造企業でしたが、
    何時しか独自の開発ナンバー「Dis」の開発を
    政府に許可された企業です。
    しかし(検閲済)。
    山岳に囲まれている我が祖国では機動性よりも
    安定性を重視する傾向にあり、高高度からの強襲を
    行う訓練が弊社基地で日々行われています。
    「貴方の入社を弊社では何時でもお待ちしています!」


RDBの傘下企業になってから開発された航空機には一部例外を除き、
各型番別に女性名(Dis-103A型:Agnes 等)が付けられている。

航空


  • Strahlflugzeug

Dis-1001 Ostrich
Dis-103以前に、比較的簡易なJET戦闘機を目指して製作された。某国の戦闘機に似てるので和名で樽(×たーる,たぁーる)の非公式愛称もある。
様々な欠陥があったため、後継機のDis-1002に取って代わっている。

型番別愛称 A型:Amalia

Dis-1002 Lily
双発のジェット局地戦闘機。Dis-1001を代替する目的で開発されており、総ての性能を向上させると伴にDis-1001で存在していた悪癖を解消している。対B性能はDis-104譲りの8Arm斉射の高火力とジェット機特有の戦術により被弾率の減少、エンジンが2基あることにより被弾時の生還率向上などDis-1001と比べ局地戦闘機としての面が強調されている。
試作機の愛称はLiriodendronとなっていたが、制式採用されるにあたりLily(ユリ)へ改名されている。配備は第1戦闘航空団第2中隊(2./JG1"Rubellum")に一機のみ採用されるに留まっている。

型番別愛称 A型:Annegert L型:Lotte
Dis-1002.png

  • 1.1t Kampfflugzeug

Dis-103 Osmanthus(木犀)
Revolution Design Bureau製の制御系統を試験的に装備した機体。
初期型のA型、攻撃力強化型のB型、改良型のC、D型がある。
D型はフラッペロンを採用したものの、付け根角による最小旋回制限の為簡素なC型が製作され、改良型のD,E,F型、Seydlitz Aero Engines AG.製造の霧雨二型を搭載し、格闘能力を引き上げたG型がある。エンジンは機体中央部に配置してあり、シャフトを通してプロペラを回す方式を採用しているため機首は非常に短く、胴体が長い。後継機であるDis-104Dに主力局地戦闘機の座を譲っている。J(JY)型に至っては総重量が2.4t(I/IY型で2.5t、旋回戦に特化した尾輪式のA型でも1.7t)もあり、あまりにも酷過ぎる加速性はそこから来ているのではないかとの外部による有識者会議の結果を受け、改良型であるDis-107が製作されている。

型番別愛称 A型:Agnes B型:Brünnhild C型:Clara D型:Dorothee E型:Emma F型:Frida G型:Gabriele H型:Hildegard I型:Ina J型:Judithたんかわかわ
Dis-103G.png

Dis-104 白鴉
Dis-103Iの失敗を機に、今までの設計思想とは違う思想で製作された局地戦闘機。Dis-103では悪癖の塊とされ実質一機のみしか製作されなかったものの、欠点を見直しほぼ新型機となっているためDis-103から104へ型番が変更され、新たに機体愛称もつけられている。某日未明に行われた演習では、親会社であるRevolution Design Bureau製の爆撃機を被撃墜ゼロでの迎撃に成功している。この演習での戦訓から、改良型のA型ではDIS初の自動消火器を装備し、更に対B・対地空能力が大幅に向上していると伴に、生存能力も大幅に向上している。Dis-201設計の前段階として、A型の主翼機関砲外側に更に機関砲を装備し、機首*4+主翼4*4の合計20ARM(発射時は5ずつ)へ武装が強化されており、この機がC型として就役しているものの、主にR&D専用仕様のため対B戦以外での戦闘は想定されていない。B型からの改良型であるD型では前縁のフラップを廃止し、後縁フラップとエレベーターを連動させることにより機体の軽量化、性能の向上を図っている。「主翼が片側動翼一枚、尾翼一枚、プロペラが2枚になりながらも爆撃機を撃墜し帰還した」という逸話があるなど、その非常に高い生存性も爆撃機撃墜能力の向上に役立っている。D型での総重量は約1.9t。性能向上型のDis-104D Mk.2での総重量は約2t。Mk.2への改良によって安定性と加速性/最高速度を向上している。
巴戦用に機首のみに機関砲を搭載したE型(1.5t)も後期になって製造された。
Dis-104D Mk.2のみ機密指定されている。

型番別愛称 A型:Adele B型:Bianca C型:Charlotte D型:Daniela E型:Elly G型:Gerda
Dis-104DMK2GMK2.png

Dis-105 Grani
Dis-104に改良を加え、より洗練された翼面へ変更され、対Bだけでなく巴戦時にも安定した戦果を上げることを目的とした局地戦闘機。旧称Dis-104J。Dis-104A自体の対戦闘機能力もそれなりにあるため命名されたものの配備は極小数のみである。また、Dis-107の登場によって順次退役している。兄弟機にDis-203 Sleipnirがある。

型番別愛称 A型:Anni

Dis-106 Cypress
Dis-12HAKUAと同じく高速エンテ型機プロイエクトの一環で製作されたエンテ型局地戦闘機。Dis-104D型と同等かそれ以上が要求とされ製作されたためほぼ総ての性能が上回っているものの重量が約100kg重く、またそれに伴い加速性が若干低いため、信頼性が高く生存性を極限まで高められたDis-104に比べると不確定要素が多すぎるDis-106はあまり好まれておらず、またDis-104の成功もあって配備数もDis-105以上とは言えかなり少ない。武装を総て取り払った練習機型のT型が一部売買されている。
Dis-110の就役に伴い、順次退役している。

型番別愛称 A型:Adelaide T型:Theresia
Dis-106.png

Dis-107 Quail
Dis-103に大規模な改修を施した練習戦闘機。飛行特性もDis-104に非常に近いため、練習機として使っていたDis-105を順次退役させ、本機は晴れて練習戦闘機として就役している。愛称の由来は小型で小さい本機の非公式愛称から。

型番別愛称 A型:Anneliese G型:Gertrud
Dis-107.png

Dis-108 Midnight Stalker
Dis-107を尾輪式へ改修すると伴に、その他大規模な軽量化を施し巴戦への対応を行った主力戦闘機。旧称Dis-107A。現在のDISの主力でもある。重量は約1438kg。対爆撃機型Dis-108B/Cのみ最重要機密指定。

型番別愛称 A型:Anne B型:Brigitte C型:Carla G型:Gretel
Bis-nsb.png

Dis-109 Schild
Dis-104及びDis-108を改修した機体に後部銃座等を装備した後部銃座搭載試験機。コアを旋回させることにより後方への攻撃が思い做しか容易になっている。また、前方への攻撃手段は持っていない。開発番号が2000番台の試験機であったが、標的機は慣例的に100〜1000番台であることが必須であったためDis-109へ改名されている。自動周回飛行をする標的機型のDis-109STM(簡易標的機の意)も多数生産されている。
Dis-109.png

Dis-110 Scudo
Dis-109の実質的な後継機。Dis-109では銃座を動かす度に機体が傾いたり射線がブレていたのを、エンテ翼機の特性によって解消し、構造を簡素にすることによって生存性はもとより加速性や機動安定性をDis-109から大幅に向上することに成功している。
その性能から攻撃機型の開発も予定されていたが、爆撃機のほうがより効率的に敵施設を攻撃でき、またDis-109と同様に攻撃用の装備をするほどの機体規模的余裕も余り無いがために、却下されている。
本機の就役に伴い、Dis-106は全機退役している。
Dis-110.png

  • 1.1t Jagdbomber

Dis-104G 白鴉
Dis-104に対地攻撃能力を付加した戦闘攻撃機型。Dis-104D Mk.2仕様のDis-104G Mk.2も僅かながら製作されている。
Dis-104G.png

Dis-107G 鶉
Dis-107に対地攻撃能力を付加した戦闘攻撃機型。

Dis-108G Midnight Stalker
Dis-108Bに対地攻撃能力を付加した戦闘攻撃機型。

  • 2.2t Kampfflugzeug

Dis-201 Hibiscus
大型の対B迎撃機。「様々な任務を遂行できるよう」とされていたが、結果としてDis-103と同じくある種特有の悪癖に悩まされる事となった。

Dis-202 Flandern
大型の護衛戦闘攻撃機。銃座の搭載予定。

Dis-203 Sleipnir

Dis-204 Erika
三発の輸送/標的機。ある程度の爆撃も可能ではあるものの、三発という時点でお察しください。
Dis-204.png

  • 2.2t Jagdbomber

Dis-202 Roselle
Dis-202の戦闘攻撃機型。

  • Bomber

Dis-5001

  • 2000 Series

1.1t


Dis-2001 Schild
Dis-109参照。

Dis-2002 Scudo
Dis-110参照。

2.2t



※併合前活動停止部門


  • Jet

Dis-1 青鷺火
初代参戦機。初の規格対応機でもある。Jet機。廃棄処分済

  • 1.1t

名称不明機
民間輸送用に開発を命令され誕生した異端児。廃棄処分決定

Dis-101 Teruel
本機も廃棄処分決定

Dis-102 シュトルヒ
シベリアへの人員輸送用。
写真の機体は偵察攻撃機企画部設計主任兼顧問の輸送時のもの。
102s.png

  • 2.2t(無条件廃棄済規格)

Dis-2 青鷺火改(廃棄済個体)
初のプロペラ機。処分済

Dis-3 Clea(廃棄済個体)
Dis-2型が安定重視だったのに対し、それを機動戦へ対応させた機体。しかし
当設計局と政府との角質により二機が試作されたのみで導入はなかった。処分済

Dis-4(廃棄済個体)
詳細不明。処分済

Dis-5(廃棄済個体)
詳細不明。処分済

Dis-6 Tirpitz/Dunkerque(廃棄済個体)
低高度攻撃機。機体特性が良好であったため改良が指示され、
攻撃力増強型のB型、プロペラを反転型にしたC型などが二機生産された。
しかし、「爆撃機高速化計画」にそぐわないと判断され、順次破棄される。
C型に至ってはエンジンだけでも1tを超えており、総重量が4tを超えるなど、
やはり「重」爆撃機・・・であるが、一切の迎撃装備を持たないため、非武装の訓練飛行中に
無残にも撃墜されるケースが多数報告されている。
これも破棄に拍車をかける結果になった模様である。処分済

Dis-7(廃棄済個体)
左右非対称機。詳細不明。処分済

Dis-8 Germinal(廃棄済個体)
規格対応のヘリコプター。開発当初は無制御での安定を主眼において開発された
ため、最期まで改良されることはなかった。処分済

Dis-9(廃棄済個体)
革命設計局(RDB)と共同開発した機体の解析によって誕生した重攻撃機。処分済

Dis-10(廃棄済個体)
大型飛行艇。偵察行動に従事することなく、
破棄された。

Dis-11(廃棄済個体)
DDP機の大幅改良を行った機体。処分済

Dis-12HAKUA(廃棄済個体)
DIS初(当時)のエンテ型機。長所のみを活かす方針で製作したのが裏目に出た、
所謂失策機。処分済

共同開発機


革命設計局(RDB)


Dis-Dis Projekt(廃棄済規格)
ディス-ディス プロイエクト(DDP)とは、
Disと革命設計局(RDB)の間で行われた2.2t機計画の通称。

尚、Dis-2+FCなどのように型番を省略していた。

Dis-2FBis...(廃棄済規格)
導入当時から邀撃任務のみだったため、
「新型戦闘機が多数製造されているのでは?」
という疑いがマスメディアより多数寄せられていたようである。
これにより作戦行動がとれず、当局は当時、相当困惑したようである。
処分済
DD2.png

海上/水中

※一部除き活動停止管轄区


  • 船舶

  • 1.1t

  • 2.2t(無条件廃棄済規格?)

名称不明船舶
『当時の』規格内に収めた分離型船舶。
みそぼん海軍(441設計局参照)に対抗する目的で建造されたが、
みそぼん海軍による商船破壊がまったく行われず、
これといってみそぼん海軍の活動が行われないため
現在は波止場の肥やしとなっている。

ちなみに、当時合法であった2.2t級を遵守しているため、
現在でも航行可能かはぁゃιぃ現状である。
これに関連して現在、総合管轄隊に連絡を取っている状況である。

  • 潜水艦

  • 1.1t

  • 2.2t(無条件廃棄済規格?)

15chip兵器

新たしい15chipモデルはこっちかも
Security-Force
ちびすまるく
???
ちびすまるく
作った本人からもすっかり忘れられていたプロペラ戦闘機。
15chip戦初の空戦を某企業と行ったのもこの機体である。

ちびすまるく改
初期型から改良された機体。プロトタイプ消失(ノ∀`)
ちびすまるく改改
改良型。
ちびすまるく改3
改良型。
ちびすまるく改4
改良型。
ちびすまるく改5.5
改良型。
ちびすまるく改6
改良型。
ちびすまるく改7
改良型。
ちびすまるく8
最終型。

ぷちじゅれる
???
ぷちじゅれる
ちびすまるくでの15chip戦時に、ヘリからの攻撃を受けた際胴体が千切れても安定して飛行しているの確認して製造された全翼機。

ぷちじゅれる
初期型。
ぷちじゅれる2
最終型。

緑鷺火
???
緑鷺火
15chip戦jetレギュができたので即行で作った機体。当初は「ちびすまるくjet」という名称であったが、ちびすまるくの命名者から「こんなのちびすまるくじゃない」との意見を受け新たに命名された機体。今のレギュとも違うかもしれないかもしれないがそれこそ知らない。

緑鷺火jet
初期型。
緑鷺火jetいくさ
改良型・・・?
緑鷺火jetいくさ2
改良型・・・?

最終鬼畜全部奇異
???
最終鬼畜全部奇異
動画で約束した通り適当につくった多脚。

最終鬼畜全部奇異
多脚その1。
最終鬼畜全部奇異2
多脚その2。脚をアームからホイールに変更し移動速度を速めている。歩行時はホイールにブレーキをかけて移動する。

添付ファイル: fileDis-104G.png 258件 [詳細] fileDis-204.png 224件 [詳細] fileみんかんき1.png 180件 [詳細] fileDis-1002.png 235件 [詳細] fileDis-106.png 233件 [詳細] fileDis-12.png 170件 [詳細] file分離戦艦.png 173件 [詳細] fileDD2.png 318件 [詳細] fileDis-2FBis...+Dis5.png 217件 [詳細] fileDesigner In Sierra.png 294件 [詳細] fileDis-104.png 171件 [詳細] fileDis-1.png 177件 [詳細] fileDis-2+FC PSP.png 158件 [詳細] fileDis-110.png 216件 [詳細] fileDis-6C.png 161件 [詳細] fileDis-2.png 180件 [詳細] fileDis-3.png 174件 [詳細] fileDis-103G.png 255件 [詳細] fileDis-109.png 226件 [詳細] fileBis-nsb.png 233件 [詳細] fileDis-108A.png 140件 [詳細] fileDis-107.png 218件 [詳細] fileDis-104DMK2GMK2.png 229件 [詳細] fileDis-8.png 166件 [詳細] fileDis-101sd.png 181件 [詳細] file102s.png 301件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-28 (金) 21:12:00