企業

概要

Eagle独自開発の15機の紹介および裏設定公開

機体やソフトウェアは勝手に使っておk
使い方が分からないときはEagle本人に聞くのが早い
使ったら輸出先に企業名書いておくと嬉しい

輸出先
大桜花帝国軍
CentArms
k-k工業〔株〕
SylviaTMUF
Two-R Hardware
KI-43_RC技術研究所

第二期陸兵力

117.png

小型攻撃戦車 箱蟹 1〜3.5
急造された蘆蟹はシステムが予想以上に複雑になってしまい
1から作り直したほうがいいと判断されたため作られた戦車。
本来蘆蟹のバージョンアップなのだが
蘆蟹の構造を見直した結果
箱のような外見になったため箱蟹とよばれる。
計器や走行制御や迷彩などが改良されただけでなく
蘆蟹にない操作性と汎用性を手に入れた。
2.9型以降はk-k工業〔株〕からの改造案を採用し
以前より弱点が減ったうえ対空性能も向上している。
3.4型以降はArmグレネードを採用し任意起爆が可能。
3.5→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz17290.rcd

095.png

薄型攻撃戦車 蘆蟹 1〜1.6
鋼蝸牛の戦闘能力が時代遅れと判断されたため急造された戦車。
汎用性では鋼蝸牛に劣るが近代的な機体設計により
高い戦闘能力を得ることに成功した。
弱点である汎用性も将来改善する可能性が高いため、
第二の鋼蝸牛とも呼ばれることもある、
改良点の少なくなった鋼蝸牛に代わり
主力戦車になることが決定したため
1年以上主力戦車であった鋼蝸牛はついに退役となった。

088.png

小型装甲戦車 鋼蝸牛 10.0〜10.3
更なる大規模改造が施された鋼蝸牛。
見た目はほとんど変わっていないが、
走行・照準システムの新造や試験的な制御が導入され
性能や操作性などの改善に成功している。
10.3→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz16428.rcd

089.png

EEグレネード搭載型
専用の照準が搭載されている

070.png

小型装甲戦車 鋼蝸牛 9.7〜9.9
1期の機体の改造機。
最強の防御を目指して造られた装甲も
今となってはさまざまな弱点が指摘されている。
しかしさまざまな現代の機体とも互角以上に戦えるため
これからも長く使われていくだろう。
9.9→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz16373.rcd

077.png

固定型通常砲台 蜘蛛 1 2
1期の機体の改造機。
活躍が期待されていたが
固定砲台自体の出番が減ったため
ほとんど使われていなかったが、
対空砲台として改造されたため よく現れる。

079.png
085.png

汎用狙撃戦車 陸亀 1 2 3 4〜4.5
狙撃とある程度の移動能力を両立するべく作られた機体。
しかし変形システムなどが射撃精度などに悪い影響を及ぼし
狙撃能力は意外なほど低い。
精度を上げるためさまざまな改良が試されたが
どれも成功とは言えず埋もれた存在であった。
しかし4.5型以降はKI-43_RC技術研究所の技術協力によりこの問題を解決、
さらに同時に行われた近代化改修により
隠されていた才能を顕にしたと言われる。
4.3→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz16140.rcd

087.png

薄型強襲戦車 蝦 1 2
当時猛威を振るっていた薄型戦車を仮想敵とし作られた機体。
とても改革的な機体設計であるのだが
操縦の難しさなどさまざまな弱点を抱え込む結果に終わってしまった。
また同じころに鋼蝸牛が改修されたため
全く活躍の無いまま非採用となってしまった。

094.png

軽榴弾砲 山兎 1 2 3〜3.3
熊蜂のコストが予想以上に高かったため作られた迫撃砲。
榴弾砲として運用するが分類上は迫撃砲である。
対拠点自動照準を採用し
運用も容易なためよく見かける。
3.1 試験仕様→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz16483.rcd

100.png

汎用特攻戦車 黒轍 1〜1.1
蘆蟹のフレームが特攻戦車に向いていたため作られた戦車。
特攻機と使うには余りある通常戦闘能力を持っているため
コスト以上に戦える性能の高い車両と言える。

118.png

大型防衛重戦車 蟷螂 1
箱蟹の重戦車化が一向に成功しないため作られた重戦車。
当初の予定に比べとても大きくなったため防御力が心配されたが
そこまで重大でないとの見方が強い。
攻撃力はとても高いのだが
運用にはさまざまな問題が付いてまわるため
戦場に顔を出すことは少ないだろう。
現在では運用の問題が減ったため たびたび現れる。

第二期空兵力

076.png

ジェット複葉攻撃機 雀蜂 2〜2.1
1期の機体の改造機。
性能にほとんど変化はないが
周りの機体の性能が上がってきたため
相対的に弱くなっているとも言われている。

090.png
092.png

ジェット複葉爆撃機 熊蜂 1 2
主に対拠点爆撃のために開発された爆撃機。
小型爆弾を3つ積んだ機体と
大型爆弾を搭載した機体に分かれている。
大型爆弾はとても強力で戦果も上々だが
とても重たく重量バランスを欠いているため離着陸に難があり、
利用できる場所は限られている。

119.png

ジェット複葉戦闘機 海猫 1〜1.1
戦闘機として使うには雀蜂の性能は足りないとされたため作られた戦闘機。
満足できるほどのスペックを維持することはできなかったが
実戦で高い空対空性能を発揮したため採用が決定した。
意外なほど活躍したのは主翼が動く機能からではなく
加速と最高速のバランスからでないかと考えられている。

122.png

ジェット複葉飛行艇 飛魚 1
長距離の占領任務のために作られた飛行艇。
水上の移動も可能であるが、
離陸性能に問題があるため
あまり使われないだろう。

127.png

プロペラ複葉重爆撃機 楓鯨 1
主に対拠点爆撃のために開発された重爆撃機。
重爆撃機としての性能はかなり低いが、
熊蜂以上の活躍が期待されている。

129.png

ジェット複葉輸送機 藍蛇 1
拠点占領のため開発された俗に言う飛ぶ水陸。
奇抜な見た目に反して扱いやすい。
海亀より高性能なエアブレーキを搭載しており
高い占領能力を見せつけ採用された。

130.png

ジェット複葉軽爆撃機 翼虎
熊蜂、試作段階で凍結した甲貝などの
軽爆撃機の性能が低かったため作られた爆撃機。
雀蜂の構造を再解析し、
高い離陸性能と爆弾搭載量の増加に成功した。
総合的な能力は高いが、
戦闘で使う機会を見つけられるかは疑問視されている。

第二期海兵力

086.png

高速工作艦 鋭龍 1〜1.1
戦闘能力を必要最低限にして移動能力を重視した工作艦。
とくに着水が得意であり全速で着水しても
転覆することはまずない。
簡易拠点の配置が主な任務だが
状況によっては占領も行う。
1.0→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz16482.rcd

ソフトウェア

AMFフルパッケージパタパタ
AMFパタパタ砲の改良型。
箱蟹に搭載されているパタパタ砲とほとんど同じである。
EEグレネードの装填や反動抑制システムなどを搭載しているが
拡張性は低く搭載も比較的難しい。
AMF フルパッケージパタパタ+照準→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz16780.rcd

AMF通常EE複合照準
EE照準をシンプルにしたものに通常照準を合体させたもので
旧照準より視界を妨げにくく搭載も難しくない
オプションとしてAMF照準記録装置がある。

箱蟹 などに搭載

AMF照準記録装置
AMF通常EE複合照準のオプション。
アームが発射されたときの照準線を残すことができる
1発前の弾道を見て射撃できるため
照準が少し容易になる。

箱蟹 などに搭載

強度表示計3D
読み込むだけで動く強度表示計。
とても簡単に搭載できるのだが
小さな問題が多くほとんど使われていない。

蘆蟹 黒轍 などに搭載

EE感知式EE照準
EE搭載型とEE不搭載型が2つのファイルに分かれると
更新が面倒なため作られたシステム。
EEグレネードを搭載すると照準が現れ取り外すと消える、
このシステムが搭載された鋼蝸牛が退役してしまったため
AMF内では活躍していないが他社で採用された。

鋼蝸牛 などに搭載

AMF3D計器群
これもまとめて扱う。
2Dの計器と比べるとバリエーションは少ないが
実用的かつ搭載が容易なため
AMFの計器はこちらが主力となる。

蘆蟹 箱蟹 などに搭載

AMFEE照準
もとは鋼蝸牛用のEEグレネード照準。
あまり洗練された物とは言えないが
搭載が容易なため他社採用例もある。

鋼蝸牛 蘆蟹 などに搭載

AMF2D計器群
1つ1つ挙げるときりが無いのでまとめて扱う。
これも新型フレームの副産物で
比較的搭載が容易な計器であり
バリエーションも豊富である。

鋼蝸牛 山兎 白蛇 などに搭載

AMFパタパタ砲
鋼蝸牛の新型フレームの副産物。
他社製と比べると性能は低いが
シンプルさから拡張性が高く
各地で採用されている。

鋼蝸牛 蘆蟹 箱蟹 に改良されたものを搭載

第一期陸兵力

3大主力車両
3大主力車両セット(鋼蝸牛のバージョンが8.9です)→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz15237.zip

055.png
070.png

小型重装甲戦車 鋼蝸牛 7.1〜7.9 8.1〜8.9 9〜9.6
強度を上げるため機体面積を小さくした戦車。
旧型フレームではこれ以上の性能が見込めないと判断し、
フレームなど1から作り直した、このとき重心を低くすること、
接合部を守ること、8輪にすること、が要求された。
これらの要求のうち8輪にすることだけが叶わず4輪となったが、
装甲が接地しているため8輪相当の耐久を得ることができ、
また接合部に2重の装甲を配置し弱点を減らし
さらに重心を低くくしたため転倒もほとんどなくなる
など劇的な進化を遂げた。
計器、制御類も1から作り直したため最初のころはパッとしなかったが、
今は完全に65型以前の上位互換と言える。

1から作り直したときの副産物として、
シンプルな砲連装装置,
他の機体に装備しやすい分割された計器などは
他社の機体にも装備されていて好評であり、
鋼蝸牛はさまざまな意味でAMFの主力である。
9.6→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz15689.rcd

067.png
069.png

近距離高速迫撃砲 猛虎 1 2
敵の拠点に高速で接近し迅速に占領するために作られた機体。
高速迫撃砲自体性能が高いので、
これの性能もなかなか高く、
占領能力は特に優秀であり
占領以外にも重戦車の破壊など
利用頻度は以外と多い
しかしAMFでは稀な高速機であるため 、
機体制御が十分でなく うまく操縦するにはかなりの時間を要すると言われる。

065.png
071.png

狙撃歩兵車両 弧喘 1 2
遠距離からの攻撃や支援射撃を行うため作られた機体。
AMFには狙撃に対応した機体がほとんどいなかったのだが、
基本性能はなかなかいい結果であると聞く。
しかし弾の装填がとても遅いため、
敵の進行を食い止める、制圧射撃をかけるなどの行動はほぼ不可能であり
遠距離制圧能力の高い白蛇に出番を奪われぎみである。
試作車両

010.png
035.png

旧主力歩兵車両 蝸牛 1 2 2F
初めて計器を実用化した機体。
2からは手動選択迷彩が採用されたが、
基本性能が弱かったため たびたび破壊されていた。
余った機体をほとんど売り捌いたため テロリストの手に渡っているものも多い。

005.png

高速戦車 Tライブ 1 2
歩兵車両しかいなかったころ乗用車(ライブ)を改良して 戦車にした機体、
 装甲も武装も弱いが 速度は優秀。
今でも平坦な土地には配備されている。

006.png

戦車 蠍 1
その名のとうりサソリの形をした戦車。
高火力であるが 真っ直ぐ走らないのと 高反動のため弾が真っ直ぐ飛ばないので、
1代で開発中止になってしまった。
わずかに残っており 噂では姿勢制御と砲塔調整システムの 研究に使っているらしい。

009.png

薄型歩兵車両 苔 1 2
歩兵車両の特徴を活かし 圧倒的な火力を手にした機体。
だがこれも真っ直ぐ走らないため 開発中止になった。
しかし寒冷地で雪の下に潜ると強いため 少数ながら生産も行われているようだ。

011.png

対空戦車 根 1 2
対空能力を有した車両がなかったため 対空戦闘能力に力を入れた機体。
防御が恐ろしいほど低いが 唯一の対空戦車として活躍した。
今は鋼蝸牛が対空戦闘に対応したため 引退が進んでいる。

014.png

回転砲砲台 樟 1 2
ガトリングを搭載し とんでも無い連射速度を手にした機体。
しかし旋回が遅すぎてとても実用的でないので 開発中止になった。
機動力に欠けるため防衛任務が圧倒的に多い、
必要以上に作りすぎたため 各地で使い潰している。

019.png

支援歩兵車両 蟻 1 2 2.2 2.3
煙幕発生装置を装備した機体。
武装は貧弱だが 2は初代鋼蝸牛デコイ 2.2は飛行機デコイ 2.3はヘリデコイをそれぞれ持っている。
支援車両に使うほど物資が余っていないため 生産台数は少ない。
遅い樟を分解して作った現地生産品には、
デコイも煙幕もないが戦車を無傷で破壊した との記録もある。

001.png

2次主力車両 鋼蝸牛 1 2 3 3.2〜3.6 4.1〜4.8 5.1〜5.9 6.0〜6.5
強度を上げるため機体面積を小さくした戦車。
見た目に反して 戦闘能力は改良されるたび強くなり 計器も充実していったが、
かなりの数が強行生産され時期ごとに バージョンが違う問題があり、
改良するたび補給線を狂わせるため 会計泣かせの機体でもある。
ソフトウェアのみ更新する対策が採られたが ホイールの暴走が付きまとう結果となった。
暴走対処として システム起動後すぐに再起動すると99%直ると聞く。

050.png

蝸牛、蝙蝠、双龍のパーツで修理した鋼蝸牛

021.png

重戦車 大鋼蝸牛(5.9) 1 2
鋼蝸牛を重戦車に改良した機体 結構期待がかかっている。
接合部を破壊されると装甲がもげてしまう弱点と 更新の合理化でソフトウェアが鋼蝸牛と同じため、
計器の重量メータがはみ出している などまだ試作機であると思われる。

051.png
052.png

重戦車 大鋼蝸牛(6.0)6.0 6.1
鋼蝸牛のバージョンが上がったため 大鋼蝸牛をリメイクした機体。
接合部強化や計器の改良など 実用機として作られている。
しかし予想を超えて重たいため
速度が遅く、素早い機体に攻撃出来ないのでは、
とも懸念されている。

044.png

重戦砲台 砥石 1 2
防御を高めるため強度のあるパーツを多用した砲台。
しかし予想ほどの防御がなく ソフトウェアも古いので、
能力は微妙である。

高速移動砲台 針鼠 1
移動速度を重視して作られた砲台。
砲台とは思えないほどの速度を手に入れたが、
極端な軽量化を行ったため
射撃ごとに後ろに下がる、
防御が低い などの問題点があり ほとんど使われていない。

無人特攻戦車 秋風 1
機体のコストを活かし自爆して攻撃する戦車。
非常にシンプルな設計であり
自爆のみを考えて設計してある。

072.png

制圧回転翼戦闘機 白蛇 1 1.1 1.2 1.3 1.4
AMFが初めて実用化した戦闘ヘリ。
あらゆる性能も他社製にかなわないが、
敵の視界外から制圧射撃をかけ、
戦車を援護するためのチューンを施し
生き残る場を得た。

077.png

固定型通常砲台 蜘蛛 1
移動不可能な固定型の砲台。
固定型砲台の弱点をなるべく少なくなるように
設計されており、
活躍が期待されている。

第一期空兵力

024.png

ジェット戦闘機 燕 1 2
強力なヘリが現れ戦車の価値が下がってきたときに作られた機体。
そこそこ安定して飛ぶが戦闘は苦手。
ヘリには勝てないので もっぱら輸送機である。

023.png
042.png

プロペラ複葉機 始祖鳥 1 1.1 1.2 2 3 4
プロペラ実用化の際 挙がった提案で作られた試作複葉機。
燕より強かったので主力になりつつあるが、
ほかの機体には性能が及ばない。
意外にもパイロットの生存率と離陸性能が高く、
狭い場所でも使えるため評価はいい。
3→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz14793.rcd

049.png

ジェット攻撃機 蝙蝠 1
重火力対地攻撃機として設計された機体。
安定こそしないものの始祖鳥の2倍以上の火力があるため、
地上攻撃に使用されることが決定した 。

054.png

ジェット機 蝶々 1
設計意図が読めない機体。
とても謎が多いが実戦では現れることはないだろう。

058.png

長距離ミサイル 翼竜 1
敵拠点に攻撃するためのミサイル。
使い捨てであるがとても使いやすいため
爆撃機の出番が奪われることだろう。
1→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz14788.rcd

059.png

プロペラ三翼機 蜻蛉 1
始祖鳥の後継機として開発されていた機体。
単翼機となる予定であったが
なぜか三翼機になってしまい、
性能が始祖鳥を越えそうにないため
開発停止になった。

064.png

軽量ジェット戦闘機 海亀 1 2 3
始祖鳥の後継機として新たに製作された機体。
ジェットの出力不足を補うために軽く作られている。
エアブレーキを搭載するなど、
強行占領に特化した性能を持っており
始祖鳥を退役させた。

076.png

プロトタイプ

074.png

ジェット複葉攻撃機 雀蜂 1
技術試験のために作られた試作機。
海亀などと比べると非常に重たいが
さまざまな性能が今までの戦闘機より高く、
AMFの航空機の中では最強であるとも言われている。

第一期海兵力

026.png

狙撃車両 蟻 3 4 4.1
蟻の火力を倍増させた機体。
予想と違い海を渡れたため移動にも使うこともあるが、
着水すると機体が上を向くため海上戦闘はほぼ不可能である。

045.png
046.png

砲艦 双龍 1 2 2k 3
水上戦闘のために新造された機体。
水上戦闘では船ではなく航空機が猛威を振るうと判断したため、
ある程度の対空能力をもつ船を作ることになった。
しかし完成したフレームは砲の位置が高すぎたため
まともな対艦戦闘ができなかった、
そのとき対空能力より対艦能力が重視され
対空機能は長い間装備されずにいたが、
バージョン3から対空機能を装備し非常に遅れての完成となった。
2k→ http://rc-orz.ddo.jp/up/src/orz14404.rcd


添付ファイル: file094.png 353件 [詳細] file064.png 381件 [詳細] file088.png 351件 [詳細] file044.png 413件 [詳細] file052.png 395件 [詳細] file055.png 387件 [詳細] file034.png 244件 [詳細] file118.png 324件 [詳細] file059.png 384件 [詳細] file067.png 393件 [詳細] file045.png 430件 [詳細] file119.png 314件 [詳細] file130.png 282件 [詳細] file092.png 361件 [詳細] file042.png 399件 [詳細] file046.png 404件 [詳細] file071.png 367件 [詳細] file058.png 394件 [詳細] file074.png 388件 [詳細] file079.png 341件 [詳細] file001.png 388件 [詳細] file050.png 395件 [詳細] file089.png 362件 [詳細] file035.png 422件 [詳細] file087.png 340件 [詳細] file060.png 224件 [詳細] file014.png 381件 [詳細] file070.png 360件 [詳細] file005.png 412件 [詳細] file051.png 388件 [詳細] file095.png 314件 [詳細] file127.png 310件 [詳細] file021.png 369件 [詳細] file129.png 247件 [詳細] file065.png 408件 [詳細] file009.png 368件 [詳細] file鋼蝸牛計器.PNG 274件 [詳細] file122.png 317件 [詳細] file対空.png 233件 [詳細] file010.png 419件 [詳細] file069.png 402件 [詳細] file076.png 379件 [詳細] file072.png 364件 [詳細] file024.png 439件 [詳細] file100.png 302件 [詳細] file075.png 192件 [詳細] file023.png 417件 [詳細] file090.png 360件 [詳細] file077.png 362件 [詳細] file049.png 428件 [詳細] file019.png 407件 [詳細] file054.png 430件 [詳細] file026.png 410件 [詳細] file006.png 418件 [詳細] file085.png 353件 [詳細] file011.png 481件 [詳細] file086.png 351件 [詳細] file117.png 339件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-16 (日) 21:52:13