企業

Inorhyte Machinery

企業概要

商号
イノルヒトマシナリイ (Inorhyte Machinery)
株式
非公開
代表者
オーナー兼社長 Prayer
資本金
りんご3つ分
分野
戦闘機から美少女フィギュアまで

主なプロジェクト

夜天(yaten):初代戦闘機シリーズ

yaten021
yaten021.jpg
初の自社開発機。
01p29sc2
yaten01p29sc2.jpg
初の実用プロペラ機。
01p29sc3
yaten01p29sc3.jpg
↑を近代化改修したもの。

バードオブプレイ(BoP):試作戦闘機シリーズ

1AD「バードオブプレイAD」
Bard-1AD.png
WW2レギュ系の他社機体にインスパイアされて開発された飛行艇。姿勢制御翼によって機動性を確保しているが安定性には欠ける。後の航空機製造技術に大きな影響を与える。

蒼天(Sind):夜天シリーズの後継

0c2-Jw
Sind0c2-Jw.jpg
主骨格に初めてWeightを用いるなど野心的な試みがなされた。しかし基本設計の旧式化は否めず、コーダ級の開発が軌道に乗ったこともあり、試作機が完成した時点でプロジェクトは凍結された。

コーダ(codal):戦闘機シリーズ。発展に伴いBoPシリーズから独立

c1「ベノム」
BoPcodal1.png
デ・ハビランド ベノムをモチーフにして開発された戦闘機。開発段階から速射砲の搭載を前提とした初のモデル。ヴェノムなのでコダール。
c2m6「ベノムm」
BoPcodal2mc6.png
なんとか対地攻撃できるレベルに到達。形状がベノムに近くなったことからベノムm(ミニ)と命名される。
c5c「ハーケンMk2」
codal5c.png
速射砲の空気抵抗の大きさを考えてArmの配置を変更し、2基の連装分を共有。発射速度も向上させてoptionを2倍とした。
c16c
c16c.jpg
自社製の簡易レーダーであるターゲットポインターを導入。基礎研究が進められていた角速度による姿勢制御を部分的に実装し、機銃も反動の少ない小口径モデルに換装。機体の大型化と飛行特性、制御機構などによって安定性は更に増したものの、複雑化に伴い価格が高騰。整備性も悪化した。
c18c「ピュア☆ホーク」
c18c.jpg
c16cで導入された角速度による姿勢制御機構を三軸全てに実装。基本的にc16cの機能を継承しつつも無駄を削ぎ落とし、機体を徹底的に小型化。結果、かつてない安定性・機動性・経済性を兼ね備えたモデルとなった。ただし単発化の際エンジン基部の強度不足が指摘されており、推力偏向による挙動の激しさも相まってエンジンモジュールが丸ごと吹き飛ぶという事故も発生している。開発担当者は「機影がF-117 ナイトホークに見えたのでそれっぽい尾翼(ダミー)をつけたらウサミミリボンみたいで可愛かったので桃色にした」などと供述している。
c21c「シャドウ」
c21c.jpg
c18cの発展形。何故か全翼機。左右独立二次元推力偏向による高い運動性と射撃管制機構を備え火力も申し分ないが、設計の見直しに伴って部品が際限無く特殊化し、量産が不可能な機体となってしまった。現在では主に航空ショーなどでその機動性を発揮している。

地表警戒システム(SSS):攻撃機シリーズ

任意の座標を任意のタイミングで攻撃できる飛行機。

c2-3
codal-c2の胴体部を流用して開発された攻撃機。空気抵抗に配慮した新開発の旋回砲塔を備え、推力偏向によって垂直離着陸および長時間のホバリングが可能。当初より偵察、管制、火力支援、果ては戦闘機との空戦すら想定して設計されているため、操縦には固定翼機・回転翼機のものに加えて専用の訓練が必要である。
c2-4
sss3.jpg
↑の旋回砲塔に自動照準装置を追加した量産モデル。スイッチひとつで延々と標的を撃ち続けるため、ヌルゲーマーでも空戦が可能。ただし撃墜率より自爆率の方が高い。

(ww2):BoPシリーズの後継

001
030
033

ルナティックプレイヤー(LP):パタパタ連装速射砲台シリーズ

LP0「カンテラ」
pray0.jpg
初の近代的な砲台。性能は今や博物館レベルだが、自社製品の火砲はほぼ全てこのモデルの基本構造を継承している。
LP36「イクス」
pray36.jpg
初めて一からLuaで設計されたモデル。カンテラを改修、小型化したもの。
LP36Longer「イクストル」
pray36Longer.jpg
イクスの火力を増強、ですすてぃんがぁの機構を取り入れたモデル。発射速度・口径の異なる複数の火砲の同時運用によって効率的な火力投射が可能。しかし防御力の不足と整備性の悪さから既に生産を終了している。
LP36SQ
pray36SQ.jpg
近代化改修を施したイクスに装甲を追加、機動性も強化したモデル。全周可変装甲モジュールによる高い防御力を誇るも、火力が中途半端なため押し負けることが多い。そのため製造を停止しているが、近年増加の一途にある低劣度紛争における信頼性の高さから再評価する声もあり、LPAシリーズの立ち上げにつながった。

ルナティックプレイヤアドバンス(LPA):LPシリーズの後継

今後の需要が見込まれる新興国を主なターゲットとする安価で堅牢な自走砲。

LPA3S
試作機。運用方針を狙撃から面制圧へと切り替えることで部品点数を減らし、信頼性の向上を図った。
LPA3L
先進国向けとされる高級モデル。しかし装備を増強し過ぎてLP36Longerを上回る価格となってしまい、発射速度は同等ながら燃費の悪さから単位時間当たりの投射火力はかえって低くなってしまった。そのため量産に移る前に開発は凍結された。
LPA3SQ
LP36SQと同じ価格ながらそれを凌駕する火力を持つ主力量産モデル。可変装甲を備えながら工作精度を必要としない生産性の高さが特徴。戦闘時は顔面がグワッと開く。

その他のモデル

soho2「ふしんせん」
soho2.jpg
120ノットで安定して巡航可能な双胴水中翼高速艇。当時最新のホバーシステムを搭載し、あらゆる地形での活動が可能。ただし140ノットを超える速度域での安定性が劣悪なこと、そもそもが船であるために三次元方向の操作性に難があること、姿勢制御技術の開発遅延などにより現在のところ開発は凍結中である。
DS1「ですすてぃんがあ」
DS1L.jpg
自走機構・バースト機構・旋回速度調整など新機構を満載したコンセプトモデル。写真は後にLua化されたものである。
mGS7
mGS7.jpg
高い運動性能を誇る小型無人機。固定武装は50k単銃。専用の垂直発射装置を用いて発艦し、作戦終了後は洋上に着水して回収される。

人型兵器

基本的に量産を前提としないオーダーメイド品であるため、通常の製品とは異なり社長の個人プロジェクトという形式をとる。

float0-2
人型部品つき浮遊砲台。カウル詐欺率34%。
14258kai23「ソラモート・ベル・カモー」
本格的な連装砲を装備。リアクションホイールによる姿勢制御を実装。カウル詐欺率29%。
fate-neon-3「ふぁてMk3」
三次元航行技術の実験機。カウル詐欺率90%。
hovmaiden1
めいどさんそらをいく。カウル詐欺率72%。
hovmaiden220
機関全体をスカート内部に収まるサイズまで小型化。しかし生身の人間が搭乗するのはおすすめしない。カウル詐欺率79%。

添付ファイル: fileBoPcodal2.png 255件 [詳細] filec11c.jpg 246件 [詳細] fileIMlogo2.gif 268件 [詳細] filepray36.jpg 240件 [詳細] filecodal3.rcd.png 232件 [詳細] fileyaten01p29sc2.jpg 243件 [詳細] filec21c.jpg 252件 [詳細] fileyaten01p29sc3.jpg 266件 [詳細] fileBard-1AD.png 251件 [詳細] filepray36Longer.jpg 245件 [詳細] filepray0.jpg 234件 [詳細] fileSind0c2-Jw.jpg 223件 [詳細] fileBoPcodal2mc3.png 254件 [詳細] filepray36SQ.jpg 261件 [詳細] fileBoPcodal2mc6.png 269件 [詳細] fileBoPcodal1.png 262件 [詳細] filesss3.jpg 257件 [詳細] filepray33.jpg 254件 [詳細] filec18c.jpg 245件 [詳細] filec16c.jpg 252件 [詳細] filemGS7.jpg 256件 [詳細] filesoho2.jpg 252件 [詳細] filecodal5c.png 248件 [詳細] fileBoPnext03.png 237件 [詳細] fileyaten021.jpg 241件 [詳細] fileDS1L.jpg 255件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-16 (日) 21:52:13